PHILOSOPHY立教小学校の願い

VISION立教小学校が育てたい子どもの姿

学習、様々な体験、人やものとの出会いを通して育てたい子どもの姿

  • 友だちの
    よいところが
    わかる子ども

  • 自分の
    よいところを
    表現できる子ども

  • 広い視野で
    ものを見られる
    子ども

  • すべてに
    感謝できる
    子ども

POLICY教育方針

「教える」でなく
「引き出す」教育

教育は時間のかかる働きです。立教小学校のキリスト教信仰に基づく愛の教育は、すぐに効果の現れる訓練とはちがいます。子どもの成長に合わせて、ゆっくりと子どもを見守りながら、子ども達を愛情豊かに、スケール大きく育てようという教育です。
教育の基本は「教える」ことではなく、そなわっている能力を「引き出す」事です。してはいけない事は、その能力の芽を摘んでしまう事です。子どものその能力の芽を見つけて、大事に成長させる働きが教育です。

キリスト教信仰に基づく愛の教育とは

本校では、キリスト教信仰に基づく愛の教育を理念として掲げています。これは、宗教を目的・目標とする教育ではなく、宗教に基づく人間教育の目標を達成する上での基本的な教育体制です。キリスト教に基づく人格形成は、神と人を愛し神の前に謙虚で感謝を持って生きる人間・生きることの真義を求めて、人の間に人と共に力強く生きる人間を育てることを目指しています。

MESSAGE学校長・院長からのメッセージ

本校で学ぶすべての子どもたちは神さまに守られながら、高みをめざして日々挑戦しています。学びは新しい文化、世界への参加であり、自分を常に変革していく挑戦です。子どもたちにとって学びはいつも新鮮な驚きに満ちています。子どもたちのもつ独創的な考えや思いを大切にしながら互いに響き合い、高め合う学習により、一人ひとりに深く根付く確かな学びをめざします。

校長室だより

学内で発行している校長室だよりでは、子どもたちにも、よりわかりやすく立教小学校の教育への思いを伝えています。