FAMILY LIFEご家庭で心がけて欲しいこと

家庭生活の指導

基本的な生活習慣のしつけとして、次のような事について、ご家庭でもよく指導してください。

1. 衛生

洗面・歯みがき・ツメや耳の手入れ・衣服の清潔・ハンカチやちり紙の携行・外から帰った時のうがいと手洗い。
(毎週木曜日にツメの検査とハンカチの記名検査があります)

2. 生活

気持ちよいあいさつ・正しい姿勢と歩き方・ことばづかい・よい返事
  • お祈り
  • 学習の習慣
  • 食事のマナー
  • 戸外や乗り物のマナー
  • 公共物への扱い
  • 物やへやの整理
  • 年齢相応の手伝い
  • 早寝早起き

3. 行動

  • 自発的に進んでやる態度
  • 自分の仕事に責任を持つ態度
  • 他人のためにつくす態度
  • 物を大切にする態度
  • 自分のできる事は自分でするように努力する態度
  • 話をしっかりと聞く態度
  • すべての事に感謝する態度
  • 研究的、創造的態度

4. 安全

  • いつも交通のきまりを守る
  • 家庭内や登下校中の災害対策について話し合っておく
  • 遊ぶ時間や場所に気をつける
  • 自転車などの点検整備をきちんとしておく
  • 知らない人の誘いにのらない
  • ゲームセンターや遊園地などには子どもだけで行かせない
  • 花火を子どもだけでやらせない

土曜日と、ハーフ・ターム・ホリデーの扱いについて

立教小学校では、フレキシブル・エデュケーションという方法を1974年度(昭和49年度)から実施しています。 それは、次の三つの目標を主なねらいとしています。

  1. キリスト教教育の推進
  2. 自主性のある個性豊かな児童の育成
  3. 体力の増進

このため、従来の1週間のスケジュールを改め、普通教科の授業を月曜日から金曜日までの間におさめ、土曜日は学年により登校する日を決めています。
また、日曜日には、各自、家の近くのキリスト教会に行き、日曜学校か、おとなの礼拝に出席するようすすめています。
土曜日のスケジュールにゆとりを持たせたのも、日曜日に教会に行きやすいようにするためです。

休校日の過ごし方

登校日以外の土曜日は、お子さんの学力や体力に応じ、テーマを決めて、自主的に個性をのばすような日にしましょう。
内容としては、次のようなことが主になります。

  1. 学習の力をのばす。
  2. 体力の向上をはかる。
  3. 自然との接触を深める。
  4. 情操を養う。
  5. 集団活動に参加する。
  6. 家族や社会のために奉仕する。

具体的に何をするかは、お子さんの現状をよく考えましょう。
上級生では、できるだけ長期的目標をたてさせましょう。病気の治療や休息にあてる場合もあってよいでしょう。

ハーフ・ターム・ホリデーの過ごし方

春と秋に一週間ほどのハーフ・ターム・ホリデーがあります。
各家庭で計画を立てて、有意義に過ごすようにしてください。学校からお子様に課題を出すことは原則としてありません。